読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珠玉のプログラミング 感想

 

珠玉のプログラミング 本質を見抜いたアルゴリズムとデータ構造

珠玉のプログラミング 本質を見抜いたアルゴリズムとデータ構造

 

 「ソフトウェアエンジニアを名乗りたかったら必読」

という会社の先輩の言葉を受けて購読.

 

「検索」「ソート」という汎用的な処理をテーマとしており,

プログラミング経験者であれば,特に詰まることなく読めると思う.

文中のコード例も,基本的に擬似コードを用いて記述されているため,

特にどの言語を知っておかなければいけないという制約もない.

(厳密に言えば,CやC++のコードがたまに出てくるが)

 

提示される様々な問題に対し,

「自分ならどのように実装するだろう?」

と自問しながら読み進めるのは,パズルを解くような気分で楽しいし,

こちらの思いもよらない実装例を示されたときはワクワクする.

 

「あまりに多くのプログラマが最初の思いつきに飛びついてしまう」

とは著者の言葉.

その危険性に対する気づきを与えてくれる書籍だと思う.

プログラムに限らず,何事も,一度立ち止まって振り返ることが重要なのだから.