読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コリジョンルールの勉強

今年のプロ野球界のホットワードな気がするけど,
あまりちゃんと把握していないので,これを機に勉強してみる.

野球をあまり見ない人でも,
スポーツニュース等で「コリジョンルール」という単語を
耳にしたことがあると思う.
これは,今年からNPBで採用されたルールであり,
結構なインパクトのある改正なので,頻繁に議論の的になっている.

コリジョンルールとは,野球規則の6.01(i)のこと.
一応,変更点については以下でアナウンスされている.
http://npb.jp/npb/2016rules.html

まず(1)に,「走者は野手に対して意図的に衝突するな」とある.
要はタックルすんなということ.
阪神マートンをはじめとする外国人に特に多かったタックル行為が,
今年から明確な反則として取り締まられることとなる.

もう1つの(2)は,ボール持ってない捕手はブロックするなということ.
ボールを持つまで,捕手は最低限の進路を,走者に明け渡さないといけない.
ここで言う最低限とは,
「ランナーがスライディングすることでキャッチャーとの接触を避けられる」
レベルと書いてある.要は足1個分ということだろうか.
ただし,送球の乱れ等でやむを得ず進路を防ぐのは許容される.

ちなみに,
「ボール持たずにブロック試みた捕手 VS タックル試みた走者」
では,このルールを読む限り,走者がアウトになるようだ.


ただし,このルールが出来る前から,
ボールを持っていない捕手のブロック禁止については
オブストラクション(走塁妨害)の項で触れられているので,
やはりこのルールの主眼は
(1)の「タックルするな」にあると思って良い.

で,このルールで揉めているのは,主眼じゃない(2)の方.
とにかく,審判側の基準が曖昧すぎるのだ.

特に話題になったのが,4月11日の巨人対阪神戦の3回表.
2アウト2塁からの巨人脇谷のセンター前ヒットにより,
本塁で走者小林と捕手原口のクロスプレーとなった.
一度はアウトの判定が下ったものの,
審判団のビデオ判定の結果,上記の(2)が適用され,セーフに覆った.

コリジョンルールが追加されてから,
コリジョン適用を避けるため,捕手はバックホームをベースの前で受けろ」
としばしば言われており,このケースでは
原口がベースの後ろで捕球およびタッグしたことが
コリジョンの決め手と言われる.

個人的意見としては,このプレーは走者アウトであるべきだと思う
事実として,小林は一切減速することなくホームにスライディングし,
原口もミット以外は接触させることなくタッグを成立させたからだ.
この時点で,コリジョンルールの(2)に書いてある
「最低限の進路は開けろ」
は満たされているはず.
この原口の対応すらNGであれば,
「捕手はバックホームをベースより後ろで受けることを禁ずる」
レベルにした方が,いっそ清々しいし明確だと思う.


コリジョンについては,先行適用したMLBでも色々揉めているようで,
日本側も,そちらと連携しながらルールの明確化を早急に図るべきだと思う.
少なくとも,「点取れた or 取れない」で
これだけ頻繁に試合が止まるのは,興を削ぐという意味で非常によろしくない.