読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーダブルコード 感想

書籍

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

「リーダブルなコードを書こうぜ!」という,
タイトルそのまんまながら,とても大事なことを説いている書籍.

アプリケーションやシステムを開発するお仕事に携わると,
どのような立場でも大なり小なり「コードを読む」という作業が出てくる.
単純にコードレビューやデバッグをすることもあるし,
過去の誰かが残していったコードを設計書無しで改造する場面も出てくる.

そうなると,コードの品質を語る上で
「読みやすさ」という概念が登場するのは自然な流れなわけだけど,
プログラマというか,開発現場全体として,
この「読みやすさ」というのは,軽視されがちにあると思う.

何故そのようになってしまうのか?
どういうコードが「読みにくい」コードなのか?
それらをどのようにすれば,「読みやすい」コードになるのか?
この辺りを整理しているのが,本書.

肝心の中身はというと,正直に言えば
「え?それって当たり前じゃないの?」
という事項が結構並んでいる.
というか,訳者まえがきにもその点は触れられている.

ただし,
「そうか,当たり前か……で,お前はそれをちゃんとやってるの?」
と自分に問いかけてみると,案外やってないものだったりするので,
気づきを与えてくれるという点で,この本自体は決して無駄じゃない.
ここに書いてあることをチェックリスト化して,
日々心がけるようにするだけでも,
コードの読みやすさは断然変わるんじゃないかな.

一方で,読みやすいプログラムというものは
メモリを冗長に使用したり,処理速度という面で劣っていたりするので,
全てのコードに対して適用すれば良い,というわけでもない.
そのあたりはケースバイケースで使い分ける必要がある.


まあ,細かいルールを考えないにしても,
コードを書いている途中で,
「さて,これ本当に読みやすいのかな?」
と立ち止まる癖をつけるだけでも,ずっと変わるんじゃないかな.