君の名は。 感想

www.youtube.com
近場に映画館が無くなって以来,映画はご無沙汰状態だったけれど,
仕事の都合で丸一日暇という状況が発生したので,行ってみた.

高校生の三葉と瀧は,
ある日突然,お互いの意識が入れ替わってしまうようになる.
不定期に訪れるその現象を,最初は「夢」と思っていた二人だが,
現実であると認識してからは,お互いの生活を守るため,
スマホに入れ替わり中の行動を記録するようになる.

こういう「入れ替わり」ネタ自体は,
色んな作品で使い古されているけれど,
その多くは知り合い同士での入れ替わりがメインであり,
こういう,ボーイミーツガールの手段として
使われるのは珍しいと思う.

ストーリーは,
「この設定でやってみたかったことを
 全部詰め込んだ上で,頑張って2時間に整形しました」
という感じで,
三葉と父親の確執の顛末など,いくつか消化不良なところもある.
まあ,ストーリーが破たんするレベルではないので,
「こまけぇことは良いんだよ!」
の精神で見るのが,正しいんだろうなぁと思う.

全体的に絵はキレイだったし,良作だとは思う.
欲を言えば,前半のドタバタコメディな雰囲気のパートを
もう少し長めにとって欲しかったかな.


そういえば劇場でアニメ見たの,小学生の頃のドラゴンボール以来だ.