ロロナ・トトリ・メルルのアトリエ 感想

トトリのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士2~ (通常版)

トトリのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士2~ (通常版)

メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ - PS Vita

メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ - PS Vita

何を以ってクリアとするか難しいシリーズだけど,
とりあえず全作,追加ボス討伐まで進めたので,感想.

錬金術士の主人公を操って,色々なものを調合しながら,
作品ごとに定められた目的の期間内達成を目指す,というのが
シリーズ全体を通じての骨子.
今回紹介する3作品は時系列として繋がっていて,
トトリはロロナの,メルルはトトリの弟子,という関係になる.

メインシナリオをクリアするだけなら簡単だけど,
やりこみ要素に手を染めると,途端に難易度が跳ね上がる.
綿密に計算した調合ルートで作り上げた装備とアイテムを揃えて
ようやく五分五分の戦いに持ち込めるレベル.

最後の方は,手持ちの素材と睨めっこしながら,
自分なりの調合ルートを見つけるのに一番時間を要していたと思う.
それでも,狙いどおりの調合に成功したときはとても嬉しいし,
それがこのゲームの醍醐味だと思う.
wikiなどを調べれば,オススメ調合レシピが色々と載っているけれど,
割と狂気じみたものも多いので,あくまで参考程度に.

問題点を挙げると,全般的にバグが多い.
致命的なバグについてはパッチでほぼ解消されているようだが,
ロロナはそれでも定期的にフリーズするので,こまめなセーブが必須.

前述のとおり繋がりがあるので,
基本的には順番にプレーすべきなんだろうけど,
どれか1つお試しで遊ぶなら,トトリがオススメ.
難易度やシナリオのバランスが一番良いと思う.

一応,アトリエシリーズはDSで1作品プレーしたことがあったが,
それとは難易度も方向性もかなり違う感じ.
DSのシリーズは全般,黒歴史扱いにされているようなので,
これが事実上,シリーズ初プレーと言えるかもしれない.


ダラダラとやってたら全部終わるまで1年かかってしまった.