2017年の広島東洋カープの自由契約選手

12月2日付でNPBから発表されました.カープからは9名.
ここから再契約になる可能性も僅かながらあり.
自由契約選手 | 2017年度公示 | NPB.jp 日本野球機構

(1) 江草
広島出身という縁もあり,嶋とのトレードで移籍した投手.
当時連続Bクラス中だったカープへの移籍を
あれほど喜んでくれた選手は,この人くらいじゃなかろうか.
さすがに阪神時代の全盛期レベルの投球は見られなかったが,
リリーフとして細く長くチームを支えてくれた.

(2) 小野
青木高とのトレードで入団.
正直,貴重な左腕を出してまで欲しい投手とは思えなかった.
ファームで有望な人材が枯渇したときに昇格してくるイメージ.

(3) 今井
一皮むけそうで,むけない,そんなもどかしい投手.
2012年の完封をピークに,数年かけてフェードアウトしてしまった.
もう少し上手に育てられたんじゃないかとも思う.

(4) ヘーゲンズ
唯一の武器であるカットボールをひたすら投げまくる,
そんな良くも悪くも潔い投手.
2016年は,先発にリリーフにと獅子奮迅の活躍を見せ,
優勝に大きく貢献してくれた.
2017年は完全に攻略されてしまい,一気に出番減少.

(5) ブレイシア
たま~に,すごいボールを投げるのだが,
トータルでは信用するには難しい投手.
敗戦処理としては申し分ないが,
外国人枠を消費してまで使いたい投手ではなかった.

(6) 多田
諸般の事情でファームが捕手で溢れかえっており,
今後も出番を与えられそうになく,高卒3年目でスピード解雇.

(7) 中村亘
長い育成枠を経て支配下登録にこぎつけた選手.
こちらも多田と同様の経緯で解雇.申し訳ない形となった.

(8) ペーニャ
ルナの後釜として加入した両打ちのサード
蓋を開けてみたら実質右打ちのみのなんちゃってスイッチだった.
安部の活躍と,外国人枠の都合により,フェードアウト.

(9) 梵
「広島出身」「新人王」「ショート」と,
間違いなくヒーローになれるはずの存在だったのだが,
自打球で膝を痛めてしまい,パフォーマンスが劇的に低下.
最近では2軍でもたまにしか見かけない存在となっていた.
本人が現役に拘ったこともあり,残念ながら退団.


契約保留選手には載っているけどジャクソンも微妙なライン.