Spring Boot2 徹底活用 感想

現場至上主義 Spring Boot2 徹底活用

現場至上主義 Spring Boot2 徹底活用

当初は書く気なかったけれど,
ブログが放置気味なので,生存報告的な意味も兼ねて.
仕事上必要になったので購入した本の感想を.

JavaにはSpring Frameworkと呼ばれるフレームワークが存在する.
フレームワークという言葉には色々な意味があるが,
この場合は
「重要かつ面倒な土台部分をあらかじめ用意して提供してくれるもの」
くらいの解釈で良い.

Spring Bootというのは,そのSpring Frameworkの欠点であった
「設定ファイルを書くのが面倒くさい」
を克服するために用意された便利ツールのようなもの.
Spring Bootが提供する各種アノテーションを駆使することで,
フレームワークをそのまま使うよりもコードがシンプルになる.

また,Tomcatを内包しているので
ローカルで簡単に動作させることができるという点も長所の1つと言える.

で,この本はその本の参考書となる.
「現場至上主義」という副題からもわかるとおり,
「実現したいこと」ベースで執筆されているので,
手っ取り早く知りたい情報を取得したいときには非常に重宝する一冊となる.

一方で,原理原則から順序立てて説明しているわけではないので,
これ一冊でSpring Bootをマスターすることは難しい.
そのあたりは,別途本を買うなりネットで情報を漁るなりで補完すること.


どうせだから何かWebアプリケーション作ってみようかな.