2019年の広島東洋カープの自由契約選手

本日12月2日付で公示されました.
自由契約選手 | 2019年度公示 | NPB.jp 日本野球機構
今年は12人と多め.

(1) 永川
カープの暗黒時代を象徴するクローザー.
鋭く落ちるフォークを武器として165セーブを挙げた.
晩年はスライダー中心のピッチングに切り替えてプチ復活するも,
衰えは隠せず,引退を表明.

(2) 横山
1年目に1軍デビューしたものの,以後は2軍暮らし.
パっとしないまま,ドラ2としては異例の高速解雇となった.

(3) 飯田
社会人出身のサウスポー.
同じくクビ候補だった中村恭平とは対照的な結末となった.

(4) レグナルト
今シーズンから加入した,カーブが武器の左腕外国人.
前半戦は色々と便利屋ポジションとして機能してくれたものの,
攻略された後半戦の爆炎っぷりは擁護しがたく,結局リリースに.

(5) ヘルウェグ
サイドハンドから150km/h超のツーシームを投げる外国人.
投げている球は間違いなく球界トップクラスなのだが,
如何せん,カープではその制球難を矯正できなかった.
どこかがギャンブルで獲るかもしれない.

(6) 長井
150km/h超のストレートで将来が期待されていたのだが,
故障により球速が劣化.アッサリと解雇となった.
まだ若いので,上手くセカンドキャリアを歩んで欲しいところ.

(7) ローレンス
端的に言えば「ジョンソンの保険」的なポジションの投手.
ジョンソンの一時帰国により1軍チャンスが巡ってきたものの,
その試合でグランドスラムを浴びてジエンド.

(8) 船越
ここ数年,人数多寡によるキャッチャーリリースが続いており,
この選手も敢えなく戦力外に.
外野にチャレンジしたりと,生き残ろうと努力はしていたが…….

(9) 庄司
致命的にダメなところがあるわけでもなく,
とはいえプロとしてずば抜けているところがあるわけでもなく,
とにかく「半端」なパフォーマンスが最後まで邪魔をした感じ.
練習態度が良く,長い目で見てもらったようだが,今年ついに解雇.

(10) サンタナ
アレのドーピング陽性に伴い,慌てて支配下登録されたアカデミー出身選手.
(上記は推察ではあるが,時期的にそうとしか考えられん)
はっきり言って,1軍で起用して良いレベルの選手ではなかった.
「育成再降格があるのでは」と思っていたが,まさかの解雇.詳細不明.

(11) 岩本
いわゆる地元枠の選手.何度か4番を打ったこともあるはず.
ここ数年は,入団当初期待されたパワーよりも,
NPB史上最低レベルの選球眼」の方が着目されてしまっていた.

(12) 赤松
新井の人的保障で阪神から移籍してきた選手.
その卓越した走力と守備力で暗黒時代の外野を支えてくれた.
2016年に胃ガンを公表.競技復帰は果たしたものの,
実力で1軍に戻ってくることは残念ながら叶わず.


上記には入っていないが菊池涼介がポスティングでメジャー挑戦を表明中.